遠近感・立体感・安定感・空間・質感・量感・色彩・斜光線・逆光

.
.-.

.

撮影のための前提条件・・・DAYLIGHT CONTROL
 建築写真にとって「光」太陽光は、私たち撮影者が自ら完璧に対応しなければならない大きな要素です。
建物の一番良い特徴を最大限引き出すにはどんな光状態が良いのか、色彩や空間デザインをドラマティックに表現するには直線的な斜光線で良いのか、好ましくない影がないか、あらかじめ
太陽の軌道を確認し、写真に一番良い時間帯ついて考えて心がけておかなければなりません。
 また建築物を撮影するのに、一日のうてで言うまでもなく、
華やかな光線が作り出す印象は独特でオリジナル性に豊んでいます。
 もっと印象深い写真を創り出すに特別のライティングムードを利用するには朝や夕方が効果的です。特に
黄昏時にはこのうえなく素晴らしく、絶好のシャッターチャンスに遭遇する事が出来ます。太陽が沈む前のほんの数分が非常に魅力的で、自然の中の建物の美しさに感動してしまいます。


太陽光をはじめとする各種光が作り出す光と影によって写真の画像が形成されることはご承知の事と思いますが、私達はこの光をコントロールする事によって、その建築物の性格や特徴を引き出し、最良の写真作りを心がけております。

 室内の撮影においても自然光を重視し、あくまでも人工光は補助光と考え、その部屋の自然な色、空気感、雰囲気を大切にしております。

最良の状態で撮影するためには、技術的な事もさることながら、施主様、設計者様、施工者様のご意見ご要望をお伺いし、深いコミュニケーションのもとで、きめ細やかに対応出来るよう常に考え作業を進めております。


状況記録として貴重な建築写真
 建築物の効果は最終的に写真に残ります。
建築関係者の皆様方の原点たった考え方を再認識し、こうして出来上がった写真を記録的資料として保存され、宣伝効果、作品集等幅広くご利用される事を心より願います。

.
.

.
.

厚く御礼申し上げます・・・
 過去数年間にわたり撮影の機会を与えて下さった施主様、施工会社様、設計事務所様ならびに、多くの方々の協力を頂き心より感謝申し上げます。

今後とも変わらぬご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


241-0835 神奈川県横浜市旭区柏町44-2

島田 茂 シマダ シゲル
JAPS 日本建築写真家協会会員
TEL 045-361-2889
メール  お気軽にどうぞ